ジューンブライド

昨今、結婚を希望しない人も多いのですが、女性ならば一度は結婚に憧れを持ったことがあるでしょう。そして結婚式では白無垢を着るよりも、どちらかと言うとウェディングドレスを着てみたいという願望を持っているはずです。1年を通して、6月はジューンブライドと言われ、結婚式をするカップルが多い時期になります。なぜ6月に人気があるのでしょうか。6月の英名「ジューン」は、ローマ神話で結婚の女神とされるユノを由来としています。

欧米では、古くから結婚の女神を意識した6月が良い時期であると言い伝えられており、この月に結婚するカップルは必ず幸せになれるとされています。日本で6月は、梅雨という湿気が多く外出を避けたい季節です。しかし欧米には梅雨がなく、1年の中で最も晴天が多い月にあたるため、結婚式にとても適した時期となっています。3月から5月までは農作業の妨げとなることから、結婚が避けられていることもあり、6月に結婚が集中する傾向となっています。

日本では今や、本人たちの希望で、いつでも挙げることができる結婚式ですが、喜ばしい幸せな慣習はできるだけ取り入れたいものでもあります。外来文化の取り入れは、一般的になっており、このジューンブライドという言葉も、女性の間では結婚が決まった時の挙式時期を一度は6月ではどうかと、考えるのではないでしょうか。6月の雨が純白のウェディングドレスを、しっとりとした美しさを引き立たせる演出させてくれるかもしれません。

●関連リンク
ウェディングドレス専門店のサイトです。ドレス選びの参考になります >>> ウェディングドレス専門店

Copyright © 2014 女性が一番輝く時 All Rights Reserved.